ケルセチンは食品で摂る?サプリで摂る?おすすめの摂り方と注意するべき点

ケルセチン サプリ

ケルセチン配糖体のダイエット効果について

 

昨今ダイエットブームが到来しており、あらゆるダイエット方法がありますが、その中で今注目されているのがケルセチン配糖体といった成分であり、これがダイエットに効果があると言われています。そもそも、ケルセチン配糖体というのは何かというと、ポリフェノールの一種でありダイエット効果、健康効果を得ることが可能な成分になっています。

 

ですので、健康食品やダイエットサプリなどにもケルセチンが含まれているものが増えてきておりますが、実際にどういった効果があるのか、仕組みがどうなっているのかについて説明します。

 

まずケルセチン配糖体についてですが、野菜などに含まれており、抗酸化作用があるということが特徴の一つであり、ポリフェノールなど抗酸化作用という言葉を聞いてみると健康に対して意識が高い方であれば健康作用や美容作用があるということも分かってくるのではないでしょうか。

 

もちろんケルセチン配糖体もダイエットだけに効果があるということではなく、健康状態の維持や美容の維持などをすることが出来ますし肌の状態を改善する効果も期待することが可能になります。そしてダイエットに対して具体的にどういった効果があるのかというと、脂肪燃焼効果があり、これによってダイエットに効果的ということになります。

 

さらに血液が綺麗になり血行促進効果もありますので、代謝もよくなり、それによるダイエット効果もしっかりと見込めるということになります。とにかくダイエットをしてなかなか効果が出ないという方はケルセチン配糖体を取り入れてみてはいかがでしょうか。もちろんさらに運動をしたり生活習慣を整えたりするということは前提となります。

 

ケルセチンの副作用と注意点について

 

ケルセチンの副作用と注意点についてですが、そもそもケルセチンを多めに摂ってしまえば、どういった副作用があるのかについて説明しますが、そもそもいい成分と言われているものであっても過剰摂取によって悪影響が出てきてしまうことがあります。ケルセチンの場合、副作用や注意点などはあるのかについて説明したいと思います。

 

まず早速の副作用についてですが、多くの効能があれば副作用も気になるとは思いますが、現時点でケルセチンを過剰摂取した場合の副作用についたデータというものはありません。マウス試験によると体重1kgあたり160mgのケルセチンを傾向摂取した際に半数が死亡したという例がありますが、この量というのは相当な量となりますので、さすがにそこまで一気に取り入れるということはないでしょう。

 

ただここまではいかなくても相当量を摂取した際に腎機能障害を引き起こしたという報告もありますが、実証はされていません。ただたまねぎ5kg、つまり大きめのたまねぎ20個くらいのことになりますので、これだけの量を一気に食べるということなどないでしょう。ですがそのくらい摂取すれば何か悪影響が出てくる可能性があるということを覚えておきましょう。

 

また摂取する上での注意点になりますが、抗生物質を一緒に摂取してしまうと効力が低下してしまうということがありますので、もし薬を服用している場合はケルセチンの摂取について医師と相談するようにしてみるといいでしょう。また継続して摂取しないことには効果は出ないということも理解しておくことが重要になります。

 

血糖値を下げる食品といえばタマネギ

 

タマネギというのは血糖値を下げて糖尿病予防に効果があるというのは知っている方も多いとは思いますが、あらゆる血糖値を下げる食品の中でもかなり効果が期待出来るでしょう。タマネギがどうして血糖値を下げることに効果があるのは、ケルセチンというワインに豊富に含有されていることで有名なポリフェノールの一種が、タマネギの主に皮に含有されていることが原因になります。

 

ちなみにポリフェノールの効果についてですが、抗酸化作用があり、抗がん作用、血圧低下、痴呆予防といったようなものなど、あらゆる健康効果があります。このケルセチンは他のポリフェノールの比較として血糖値に対する評価が高い理由については脂肪吸収抑制効果が高いことにあります。

 

ケルセチンというのはダイエット目的であっても人気の成分となっており、体内の脂肪を体外排出する補助効果もあります。その点について詳しく説明しますが、最初にまず肝臓から現れ、肝臓の脂肪を燃焼して体外排出を促し、肝臓での脂肪代謝を向上させてくれます。この働きによって肝臓から余分な脂肪が減少して結果的に肝機能は高まって代謝機能も促されるようになります。

 

またケルセチンについては消火器系で脂肪と結合するので体へ脂肪吸収を阻止することに繋がります。血糖値を下げる食品として重要なものというのは糖の吸収抑制、インスリンの働きをよくすることに繋がります。ダイエットの効果が非常に高い上に、さらにあらゆる効果を得ることが出来ると思いますので積極的に摂取するようにしましょう。

 

タマネギは睡眠の質を高めることが可能

 

実は眠れているのにも関わらず眠れないと勘違いしていると言う方が今多くいらっしゃいます。脳波で調べた上でそういったことになっているのに、眠れていないと脳が緊張して勘違いをしているという方がいらっしゃいますが、そういった方にオススメなのがタマネギになります。実験によってもタマネギには効果があるということが分かっていますので、眠れないと思っている方はタマネギを積極的に食べるようにしてみるといいでしょう。

 

タマネギというのはあらゆる料理に使用されていますが、このタマネギというのは体に有効な成分が豊富に含有されています。例えばタマネギを切ると目がしみてしまいますが、これは硫化アリルという辛み成分によるものです。この成分は血行促進や神経を鎮めて緊張をほぐす作用があり、さらにグルコキニンといった成分も豊富ですが、これは自律神経を整えるといった働きがあります。

 

また海外ではタマネギは安眠出来るなんて言われてきましたが、本当にタマネギを薄くスライスしたものを少し枕元に置くだけでゆっくり眠ることが出来ます。ただ臭いが強すぎたらよくないので、程よく抑えるということが重要になります。

 

さらに効果を最高潮に高めたいというのであれば、生で食べるというのがオススメであり、水にさらすと成分が落ちてしまいますので、出来るだけさらさないようにしましょう。健康や美容に非常に効果がある食べ物となっていますので、とにかく積極的に摂取して睡眠の質を高めてみるといいでしょう。

 

ケルセチン配糖体は妊娠中でも摂取可能?

 

妊娠中というのは体重管理をするということが重要になりますが、その上でケルセチン配糖体の効果はどういったものがあるのかということを気にしているという方も多くいると思います。そもそもケルセチン配糖体って何と思っている方もいるかもしれませんが、これは特茶などに含まれている成分だということを覚えておくといいでしょう。

 

妊娠中のダイエットの効果やメリットなどについてですが、ケルセチン配糖体というのはどういった成分なのかについて説明しますが、そもそもこれはタマネギの皮やブロッコリーなどに含有されているポリフェノールの一種になります。効果に関しては特茶などにも配合されているので、コレステロール分解の働きや燃焼の働きにより、基礎代謝を高めるダイエット効果があるとされています。さらに高脂血症、高血圧、血栓予防といった循環器系の病気の予防効果があるとして、非常に注目されている成分であるということを覚えておきましょう。

 

そして妊娠中に摂取した場合についてですが、妊娠中高血圧症行軍や妊娠糖尿病の予防などにも非常に効果があるということ期待出来ますが、やはり心配になるのは副作用になるでしょう。

 

では結論ですが、ケルセチン配糖体につい、研究は進められていますが、副作用の心配はないとされています。また過剰摂取をしても副作用の心配は基本的にないと言われていますが、過剰摂取をしたからといって効果が高くなる訳ではありませんので、摂取するにしても一日の摂取量目安を把握した上で摂取するようにしましょう。つまり結果的に妊娠中でもケルセチン配糖体の摂取は問題ありませんし、逆に高い効果を得ることが可能です。